デリケートゾーンの黒ずみは先天性か?

デリケートゾーンの黒ずみは、一般には陰部への何らかの刺激でメラニンが分泌され、
そのメラニンが沈着するのが原因とされていますが、
それでは生まれつきの先天性は無いのかをここで考えてみます。

 

陰部の黒ずみは先天性か?

世界にはさまざまな人種がいて、日本人もそのひとつですが、
日本人は体質的にメラニンの発生量が多く、
そのため黒ずみになりやすい人種だと言われています。

 

したがって先天性の黒ずみもあるようですが、
そのような生まれつきの黒ずみは軽い場合が多いようです。
言い換えれば、気になるようなひどい黒ずみは先天性のものではないでしょう。

 

摩擦の刺激、ストレス、代謝不調が原因

このように先天性の黒ずみは無いといえそうで、やはり黒ずみは後天性と言えるでしょう。

 

後天的な要因としてあげられるのは、ショーツなどによる陰部の摩擦での刺激、
ストレス、代謝不調(ターンオーバーの乱れ)、
さらには好ましくない食生活などが黒ずみを招くことです。

 

生まれつきの先天性の黒ずみで悩んで場合でも、これらの要因に気をつければ
かなりの確率で黒ずみを改善することができるでしょう。

 

つまり、メラニンが出やすい体質の人でも、
ケア次第で黒ずみを薄くすることは可能と言えそうです。

 

日焼けの皮膚でメラニン分泌が分かる

紫外線はデリケートな肌へは強い刺激になります。
日焼けで赤くなるだけの体質の人は、生まれつきメラニンの生産が多くないのです。

 

一方で、日焼けするとすぐに肌が黒ずむ体質の人は、
生まれつきメラニンの生産が活発だと言えます。

 

黒ずみケアは、このように先天的なメラニンの生成と関係があり、
メラニンがすぐに多く生産される体質の人は、黒ずみを改善するのに時間がかかるようですし、
ケアを怠ると改善した黒ずみがまた出てきます。
デリケートゾーン 黒ずみ ケア