陰部 黒ずみ 対策

陰部が黒ずみの方はこの対策

陰部が黒ずみの方はこの対策

陰部という言葉は何か後ろ向きの感じがしますから、ここではデリケートゾーンという表現を使います。

 

デリケートゾーンの黒ずみは股ずれが原因

デリケートゾーンの黒ずみの原因にいわゆる股ずれがあります。
デリケートゾーンは股の部分にあり、ここは生活上どうしても股ずれは避けられません。
股ずれは肌の摩擦ですから、デリケートゾーンを刺激します。
そうすると、刺激から肌を守ろうとする本能がメラニンを作り出します。
そのメラニンが肌に沈着するので黒ずみができます。

 

デリケートゾーンの黒ずみを解消

デリケートゾーンの黒ずみを解消すれは、ピンク色の美肌になります。
そのためには、美白用のクリームを使用するケア方法があります。
なお、デリケートゾーンの黒ずみの原因はいくつもありますが、
そのひとつが生理不順でのホルモンバランスの乱れです。
妊娠や出産も黒ずみを引き起こす原因になり、さらにムダ毛の処理も原因になります。
デリケートゾーンの黒ずみを解消するには、これらの原因を解消することです。

 

デリケートゾーンのケア

ショーツはもとより、ナプキンなどによる摩擦は防がなければなりません。
また、肌に合わないクリームなどを使用してはいけません。
いずれにしてもデリケートゾーンを刺激しないようにすることが理想です。
さらに、締めつける通気性が悪い下着の着用も、もちろんNGです。
そして、デリケートゾーン専用のクリームや化粧水で保湿をする必要があります。
身体を洗う際にスポンジなどをつかいますが、スポンジでデリケートゾーンを擦るのはNGです。

 

とにかくデリケートゾーンを刺激しない

いろいろと先に述べましたが、まとめ的に言いますと、とにかくデリケートゾーンに刺激を与えないことです。
と言いましても、普通に生活をする限り、どうしてもデリケートゾーンを刺激するTPOがあります。
したがって、刺激を最小限に抑える工夫が大切になります。
具体的には各自のTPOによりますから、各自がいろいろと工夫しましょう。

 

デリケートゾーンの保湿で黒ずみ対策

あまり聞き慣れない言葉で、自然保湿因子があり、これは肌が持っている保湿成分です。
しかし、水などへの抵抗力が弱いので、
入浴やシャワーでこの因子は無くなってしまいます。

 

たとえば入浴の後の保湿をしないと、肌が突っ張った感じになることがありますが、
これは自然保湿因子が無くなるからです。

 

陰部の肌は薄い

陰部の肌は顔などと比べると角質層が薄いので、刺激に弱く、
また、乾燥しやすいのです。

 

肌の乾燥は肌を刺激することにつながり、
さらにショーツなどとの摩擦という刺激を受けますから、黒ずみができやすくなります。

 

陰部には専用の保湿剤

陰部はこのように角質層が薄く、しかも乾燥しやすく、さらに刺激を受けます。
そこで陰部専用の保湿剤で適度な保湿をする必要があります。

 

化粧水でもいいのではないか、と思うかもしれませんが、
化粧水は肌の脂分などを調節するためで、保湿の役目はありません。
したがって陰部専用の黒ずみ対策クリーム、あるいは美容液での保湿が必要です。

 

陰部専用の保湿剤とは

陰部専用の保湿剤には肌が乾かないようにする保湿成分、肌をきれいに保つ成分、
そして黒ずみを薄くする成分などが含まれています。
また、肌を刺激するパラベンやアルコールなどは含まれていません。

 

肌や顔用の美白化粧品にはアルコール成分が含まれていることがありますから、
注意しましょう。
このような化粧品を陰部に使うことはNGです。

 

つまりデリケートゾーンの肌は、顔やそのほかの部分の肌とは異なり、
刺激に極めて敏感で、しかも乾燥しやすいということを覚えておきましょう。
陰部の黒ずみ 対策

更新履歴